ARKサーバーをWindowsPCに構築する

はじめに

Steam版『ARK: Survival Evolved』が6月20日まで無料配布。過酷な恐竜世界でサバイバルするオープンワールドアクション | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
オープンワールドサバイバルアクションゲーム『ARK: Survival Evolved』Steam版が、2022年6月20日2時までの期間、Steamストアにて無料配信中。

ARKが無料配布されたことでゲーム仲間の間で流行りまして、身内で遊べるサーバーを立ててくれないかと頼まれました。
使用していないデスクトップPCをサーバーにして仲間と遊ぶことができたのでその手順をメモ書きします。

Windowsをクリーンインストールしたまっさらな状態でインストール作業を行います。

ARKサーバー環境

OSWindows10
CPUIntel Core i7-4790@3.60GHz(8 CPUs)
メモリ32GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB
ストレージ1SSD 256GB( ARK Server Manager インストール先)
ストレージ2HDD 4TB(各サーバーのデータインストール先)

Windows アップデート

アップデートせずに運用していたら、朝方にアップデートとPC再起動をしていてARKサーバーに接続できないことがありましたのでアップデートしましょう。(1敗)

Windows Updateの「更新を7日間一時停止」を表示している画像

アップデートできたら自動でアップデートしないように「更新を7日間一時停止」を連打します。
最大35日間まで一時停止できます。

DirectXエンドユーザーランタイム インストール

Download DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ from Official Microsoft Download Center
Microsoft DirectX® エンドユーザー ランライムを使用する...

すでにゲームが動作している環境(Steamで買ったゲームが遊べてる)なら必要のない作業ですが、
Windowsをクリーンインストールしていたり、ARKサーバーを起動したときに下記画像のようなエラーが表示されていたらDirectXエンドユーザーランタイムライブラリをインストールしましょう。

ARK Server Manager インストール

Downloads | ARK Server Manager
Latest Server Manager is 1.1.434 Installers Latest version:

ARKServerManagerのインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラー(latest.exe)をダブルクリックしてPCにインストールします。
インストールが終わったらデスクトップのARKServerManagerのショートカットをクリックして起動します。


起動して「管理者モードで起動しても良いか」的なことを聞かれるので、はいを押してください。

初回起動で、サーバーデータの保存先(データサイズ大きめ 55GB)を聞かれるので空き容量に余裕のあるドライブを選択します。
今回の設定ではDドライブを選択しました。

サーバーデータの保存先のパスが表示されるので確認して、はいを押します。

Steamのネットワーク通信を「アクセスを許可する」で許可します。

コンソール画面が表示されてSteamCMDのダウンロードが開始されるのでしばらく待ちます。

(任意)ARK Server Manager 日本語化

ARK Server Manager - ARK: Survival Evolved Wiki*

ダウンロードが終わってARKServerManagerが立ち上がったら日本語化するためにウィンドウを閉じます。
上記のURLから日本語化に必要なZIPファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍して”ja-JP”フォルダーを、
”C:\Program Files\ArkServerManager\Globalization”にコピーします。

コピーが終わったらARKServerManagerを立ち上げて右上の歯車アイコンを押して、Languageから日本語を選択すると日本語に変わります。

ARKサーバー 設定

左上の”+”ボタンを押してサーバーを追加します。
右側の”インストール”でサーバープログラムをインストールします。

画像のようなコンソールが出ます、結構時間かかるので待ちます。

”Finished upgrade process”が表示されたらインストール完了です。

サーバー設定の”マップ名、マップMODパス”を遊びたいマップに変更します。
今回はアイランドを設定します。
サーバー名やゲーム設定(テイム値あげたり)をここで変更します。

変更した後は必ず、保存ボタンを押しましょう。

プロファイル名に日本語は使用しないようにしましょう。
サーバー起動に失敗します。(1敗)

(任意)サーバー IPアドレス固定

固定する理由は、ルーター設定でポート開放した後に停電等で初期化されてしまい、再設定の時に「今のサーバーPCのIPアドレスなんだ・・・?」と確認する作業を省くために固定します。

固定しなくても動作するので飛ばしても大丈夫です。

プライベートIPアドレスを固定する
Windows10でIPアドレスを固定する方法を書きます。手順Windowsキー+Rキーを押した後に”cmd”と入力してOKを押してください。コマンドプロンプト(黒い画面)が表示されたら”ipcon...

サーバー ポート開放

ルーターによってポート開放の仕方が違うのでマニュアルを確認してください。

ブラウザのアドレスバーにデフォルトゲートウェイアドレスを入力してルーター設定ページへアクセスします。

自分のルーターではポートマッピング設定がポート開放をする設定なので、ここで

UDP 7777ゲームクライアントポート
UDP 7778生のUDPソケットポート(常にゲームクライアントポート+1)
UDP 27015Steamのサーバーブラウザのクエリポート
https://ark.wiki.gg/wiki/Dedicated_server_setup

を、サーバーPCのアドレスとセットで入力します。

同じPCでサーバーを複数運営する場合はポート番号をそれぞれ+1してください。

サーバー 起動

やっとARKサーバーが立ち上げられる準備ができました。

開始ボタンを押して、ARKサーバーが立ち上がるのを待ちます。
自分はいつも5~8分ぐらい待ってます。

コンソールに”Full Startup”と表示されたら起動成功です。
別のPCでARKを起動してサーバーを探しましょう。

パスワードを設定していたら、”パスワードありを表示”にチェックを入れるのを忘れずに。
テストで「てすとさーばー」というアイランドマップを立ててみました。
表示されてるので無事サーバー構築に成功しています。

お疲れ様でした。
これから電気代を気にする毎日になりますね。

おまけ

高速リモートデスクトップアプリケーション – AnyDesk
安全で直感的なリモートデスクトップソフトウェアであるAnyDeskの革新的な機能をご紹介します。

自分は、サーバーPCをAnydeskというアプリを使ってリモートで行っています。
無料で使えて、サーバーPCにキーボードやマウス、ディスプレイを接続しなくても良くなるので置き場所に困らず、気軽にARKサーバー設定ができて快適です。

googleリモートデスクトップ等無料で使えるリモートデスクトップソフトがそれなりにあるので、是非リモート運営してみてください。

ディスプレイを接続しない場合は、Anydeskがディスプレイを認識せず画面が送られないのでこういったダミープラグを挿しておくと画面が送られるようになります。

HDMIダミープラグ 2個 HDMI仮想ディスプレイ DDC EDIDエミュレータコネクタ 4K @60Hz バーチャルモニターディスプレイ wuernine 低消費電力 熱なしリモートワーク モニター プロジェクターなど対応
HDMIダミープラグを取り付けると、オペレーティングシステムは接続されたディスプレイを検出し、GPUを有効にします。様々な任務を実施できて、高解像度ハードウエア加速リモートコンピュータとGPU操作も含まれています。 コンパクト設計で、持ち運び便利、最大4K @60Hz高解像度なので、パソコンの画面解像度を向上させ、仕事...
タイトルとURLをコピーしました